読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eight Days A Week - 働く母は週8日営業

元DeNAwebディレクター、現在北陸で夫と共にビジネスを営む32歳ワーキングマザー。マメ(息子・3歳)、アズキ(娘・1歳)、フットワークの軽すぎる夫との4人暮らし。

他の人がどうかなんて関係ないだろ?

私には子どもが二人います。 一人目のマメ(息子)は子作りを始めた途端に妊娠した子でした。 あまりのスピード妊娠に「早過ぎだろ!」と夫と笑い合ったものです。 一方、二人目のアズキ(娘)は妊娠までに少し時間がかかりました。 マメのようにあっという…

経産婦だからこそできた!産前から始める産後の美容&健康対策

初産婦の皆さんに声を大にして言いたい。子どもさえ産んでしまえば、体型はともかく、カラダは何もかも妊娠前に元通りに戻る、と思ってませんか?

無痛分娩体験記〜計画分娩でらくらく(でも最後はやっぱり激痛)ver.

こんにちは、ミユキ(名字)です。 歯を抜く程度の痛みでも麻酔するのに、子どもを産むという強烈な痛みで麻酔しないのはヘンだという持論をもつ私ですが(排他的自然分娩推進派には麻酔なしで歯に糸巻き付けて引っこ抜いてみろと言いたい)、第二子アズキ(…

マタニティマークを着けた妊婦に席を譲ることが当たり前の社会になるために必要なこと

こんにちは、ミユキ(名字)です。 最近はマタニティマーク論争というものが起こっているようです。「妊婦はマタニティマークを”これみよがしに”着けて権利を振りかざしている」という論調まで出てくる始末ですが、なぜ世間はこんな風に妊婦を批判する方向に…

無痛分娩体験記〜計画分娩前に陣痛が来たver.

こんにちは、ミユキ(名字)です。 現在第二子妊娠中です。 私は、第一子のマメ(息子)も第二子も無痛分娩を選びました。 今ではだいぶ市民権を得た感のある無痛分娩ですが、それでもまだ少数派なので、無痛分娩にするか悩まれる妊婦さんも多いのでは? 個…

妊娠中に夫がセックスしてくれなかったので産後に地味な復讐をした話

こんにちは、臨月妊婦のミユキ(名字)です。 二人目ともなると、マメ(息子)の時よりはだいぶ気持ちに余裕はありますが、それでも臨月を迎えてソワソワして参りました。 突然ですが今日はマメ妊娠中と産後のセックスの話です。 「妊娠中はセックスしたくない」…

トコちゃんベルトの謎

こんにちは。 寒さが何よりも嫌いな私にとって最高の季節。 梅雨には入ってしまいましたが、梅雨ごとき、冬に比べたら可愛いものです。 雨にならいくらでも濡れてやりましょうとも。 さて、実は私、現在妊娠中です。 第二子を産むタイミングも色々悩み、まだ…

産める場所を探すということから

先日、産婦人科に行った時の出来事です。 その日は土曜日の朝でした。 診察を済ませ、受付でお会計の手続きをしていると、一人の女性がパタパタと入口から入って来ました。 彼女は受付に来るとこう言いました。 「今から診察をして欲しいんですけど」 「産科…