Eight Days A Week - 働く母は週8日営業

元DeNAwebディレクター、現在北陸で夫と共にビジネスを営む32歳ワーキングマザー。マメ(息子・3歳)、アズキ(娘・1歳)、フットワークの軽すぎる夫との4人暮らし。

面倒くさがりでもできる、同居・同棲カップルの生活費管理方法

以前、共働き夫婦の家計管理方法について書きました。 共働き夫婦ならお金の管理は独立させておこう - Eight Days A Week - 働く母は週8日営業 ざっくり言うと、二人の個人口座とは別に共通口座を一つ作って、そちらで家賃光熱費などを引き落とし管理すると…

子持ち家庭は電動自転車を買うべきか原付2種を買うべきか問題

こんにちは、ミユキ(名字)です。 我が家では保育園送迎は夫の担当です。 保育園まで片道10分程度なので、基本的にはベビーカーを使って送迎していますが、最近マメ(息子)がおとなしくベビーカーに乗らなくなり、抱っこを要求することが増えました。 12kgを超…

親子ほど弱いつながりはない〜東浩紀著「弱いつながり 検索ワードを探す旅」書評

こんにちは、ミユキ(名字)です。 夫に薦められて、東浩紀著「弱いつながり 検索ワードを探す旅」を読みました。 東浩紀氏は10年ほど前に「動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)」を読んだくらいですが、その主張には当時首肯する…

普段孫に会えない祖父母を帰省時に喜ばせることができた予想外の方法

こんにちは、ミユキ(名字)です。 Twitterを始めてみたのでよろしければフォローお願いいたします。 ミユキ (miyuki8d) on Twitter さて、我が家は夫婦両実家とも遠方にあり、帰省できるのはせいぜい年に2〜3回です。 子連れ帰省で特に気遣うのは、慣れない実…

絵本選びの参考に!2歳までに読み聞かせた全36冊を年齢別に完全レビューしてみる

前回のエントリで絵本読み聞かせのメリットについて熱弁しました。 今回は予告通り、現在我が家にある絵本のレビューを一気にいきます。 基本的に定番・鉄板・人気の絵本ばかりなので、書店に行っても絵本がありすぎてどれを買えばいいのか分からない…という…

今すぐ子どもに絵本を読んであげたくなる。絵本読み聞かせの5つのメリット

我が家には割とたくさんの絵本があります。 義母が絵本の読み聞かせを大切にしている方で、折に触れて贈ってくださるのです。 夫も子どもの頃はたくさん絵本を読んでもらったようですし、私の母も絵本や本を十分に与えてくれたので、我々夫婦は今も本好きで…

トコちゃんベルトの謎

こんにちは。 寒さが何よりも嫌いな私にとって最高の季節。 梅雨には入ってしまいましたが、梅雨ごとき、冬に比べたら可愛いものです。 雨にならいくらでも濡れてやりましょうとも。 さて、実は私、現在妊娠中です。 第二子を産むタイミングも色々悩み、まだ…

共働き家庭で夫が無職になった時に取るべき6つの事務手続き

実は4月末で夫が仕事を辞め、目指す道のために独立起業をすすめることになりました。 現在絶讃シングルインカムな我が家です。 ただ、新しい事を始めるには諸々準備も必要ですし、いきなりがっぽがっぽ儲かる見込みもないので、私としては会社を辞めることに…

子どもが片付けできないのは親のせいです

夫は年齢的に今さら矯正不可能かもしれませんが、少なくとも子どもがお片付けを出来ないのは遺伝とかは全然関係なくて、ただ単に「父と母が片付けないから自分もそれに倣って片付けない」だけだと思います。

産める場所を探すということから

先日、産婦人科に行った時の出来事です。 その日は土曜日の朝でした。 診察を済ませ、受付でお会計の手続きをしていると、一人の女性がパタパタと入口から入って来ました。 彼女は受付に来るとこう言いました。 「今から診察をして欲しいんですけど」 「産科…

ストレスを溜めたくないなら我慢なんかするな

こんにちは、寒い日が続いていますね。先週の大雪の時、フォトジェニックな絵が撮れるぞと思いマメ(息子)を雪上にぽしょんと置いたら号泣されました。突然ですが、そろそろペンネームを決めようかと思ってたので、以後ミユキと名乗ります。ミユキは姓です…

バングラデシュ置き換え育児法

こんにちは、なかなか更新が頻繁にできていませんが、今日は子育てにおけるベース思想についてのお話です。子育てしていると、色んな場面で悩む事があります。特に、子どもには良くないとか、危険だとか、気をつけなければいけないとされている事について。…

共働き夫婦ならお金の管理は独立させておこう

我が家は共働きです。結婚前に1年ほど同棲し、結婚してからの2年はDINKs(Double Income No Kids)、その後DEWKs(Double Employed With Kids)になりました。そしてその間一貫して、それぞれの資産は独立して管理しています。そもそも私たちが同棲を始めたきっ…

朝のコーヒー

おはようございます。最近ようやく涼しくなってきました。我が家では朝の保育園送りは父の担当となっています。なので私は自分の用意を済ませたら先に家を出ます。朝は慌ただしくなりがちですが、だいたいいつでも物事に余裕を持って準備している、時間管理…

子どもを産んだら子どもがこわくなくなりました

こんにちは。毎日マメ(息子)とイチャイチャラブラブし、遊び、笑い合い、踏みつけられ、噛みつかれ、号泣されているeightdaysです。 そろそろHNを決めましょうかね。 突然ですが私は元々子どもがそんなに好きな方ではありません。 特別嫌いでもないけど、と…

「子どものために我が身を犠牲にする」なんて

主人がブログを始めました。 なかなか良い記事を書いているんですが(何様)、ひとつ大きく共感したことがあるので今日はそれを取り上げてみようと思います。 将来息子が大人になり、こんな会話を交わす可能性があるとすれば。 「お父さん昔は海外で働いてみ…

手際の良い育児

こんにちは。先日マメ(息子)が1歳になりました。 ヨチヨチと数歩だけ歩くこともできるようになり、ますますの可愛い盛りです。 最近は自己主張もハッキリしてきて、お腹減ったんじゃーとか、今はコメは食いたくないんじゃーとか、眠いから抱っこしろーみたい…

キラキラネーム危機一髪〜子どものための名付け

近頃、赤ちゃんの名付けについてちょくちょく問題になっていますね。 いわゆるキラキラネームとか、DQNネームとか言われるやつ。 我が家でもマメ(息子)の名前をどうするかでは、それなりに悩みました。 そして当初は、若干キラキラな名前を付けそうになり…

本当のイクメンには主体性がある

イクメンという言葉が定着して久しいですが、この言葉がなまじ市民権を得ただけに、「自称イクメン」も大量発生し、苦々しい思いを抱えている妻も多いようです。 週末ちょっとオムツ替えたとかお風呂に入れたとか、その程度で「育児に積極的に参加してるイク…

ねんねトレーニング&夜間卒乳、実践と失敗と成果

「ねんねトレーニング」とは、寝かしつけや授乳などの手を借りず、赤ちゃんが一人で寝られるようにするトレーニングの事です。 我が家でも実践しましたので、その成果を報告したいと思います。 背景 我が家のマメは元々よく寝る子で、生後2ヶ月くらいからは…

すべてのワーキングマザーは圧力鍋を買うべきである

圧力鍋。 私今まで「食わず嫌い」だったんですが、最近手に入れて以降その凄さに腰が砕けっぱなしです。圧力鍋は神です。 材料放り込んで火にかけて10分ばかりシュンシュン言わせておけば、トロトロホロホロの料理が勝手に出来上がります。 圧力かけただけで…

すべての子育て中の親におすすめしたい育児本、育育児典。

こんにちは、ミユキ(名字)です。子育てに正解はなしと言います。 でもそんな事言われたって気が楽になる訳でもないし、 特に初めての子どもの場合、子どものちょっとした行動や症状にうろたえたり、周りの子の発育や育てられ方と我が子とを比較して、「こ…

子ども育てるの楽しいよ

コンビニ店長(私の中では中村橋さん)が子どもを持つ事についてエントリを書いていました。子供が増えるとか減るとかの話 - 24時間残念営業 元々やまもといちろう氏の以下の記事に対しての意見という形で書かれております。日本の出生率を上げようよ、平…

月齢別にみる、赤ちゃんとのお風呂の入り方

赤ちゃんとふたりで入るお風呂ってなかなか悩ましいですよね。 父母が揃っていれば入れ方はどうとでも出来るのですが、親1人で入れるのは結構難しいです。今日は、どうにか親1人でスムーズに赤ちゃんをお風呂に入れる方法はないものか、と考えた末、現在我が…

私はいかにして子どもを受け入れられるようになったか(あるいは子どもを産むだけでは親にはなれないという事について)

親になった皆さんって、どのタイミングで「親」っていう自覚が芽生えるのでしょう。 よく耳にするアレ。「出産直後、産声をあげる我が子の姿を見た瞬間、感動で涙があふれ、いとおしくてたまらなくて、一生この子を守っていこうと思った」なんて事全然思わな…

義兄さんと酒と私〜祖父の手記から

今回全く育児と関係ないです。部屋の整理をしていたら祖父の手記が出てきた。 祖父の死後の荷物整理の時に見つけてもらってきた物で、昔ながらの原稿用紙に書かれた物をホチキスでまとめてある。 祖父は太宰治と松本清張が好きで、自分でもよく、旅行記やち…

遊び尽くした母

今までは見向きもしなかったけれど、子どもが出来てから気になり始めたものって色々あります。 街中で出会う親子連れ、子供服売り場、お母さんに抱っこされている赤ちゃんの成長具合。そしてママ芸能人のブログ。今年は芸能界出産ラッシュで、ブログで子ども…

誰も教えてくれなかった産後の体の7大変化

「妊婦はいたわり、優しく接しましょう」こんな共通理解が広く日本にも認知されるようになって久しいと思います。 妊娠の届けを役所に出すと、母子手帳と一緒に「お腹に赤ちゃんがいます」バッジもくれるので、街中でもあのバッジを見かける機会がとても増え…

ママ友いらないです

息子マメ(仮名※豆柴みたいだから)もそこそこ大きくなってきたので、先日親子広場的なものにデビューしてきました。余談ですが「公園デビュー」て今は死語なんですかね。 というか、公園デビューできる頃(一人で歩き回って遊べるくらい?)には既に私は職…

アウトプットしたかった

今年息子を授かりました。 初めての子育てを試行錯誤しつつやってく中で、子どもがいなかった頃には考えもしなかった事、気付かなかった事、思う事、色々と増えてきたわけですが、どうにもアウトプットする機会のないまま数ヶ月が経過しました。実は両家の父…