読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eight Days A Week - 働く母は週8日営業

元DeNAwebディレクター、現在北陸で夫と共にビジネスを営む32歳ワーキングマザー。マメ(息子・3歳)、アズキ(娘・1歳)、フットワークの軽すぎる夫との4人暮らし。

どこからが浮気?

夫婦

こんにちは、ミユキ(名字)です。

 
先日、独身の友人から恋愛相談を受けた流れで、
「ミユキさんはどこからが浮気だとかいう話を旦那さんをしたことがありますか?」
と聞かれました。
 

f:id:eightdays:20160214114003j:plain

photo by Ben Raynal
 
そんな会話、結婚5年目ともなるとあらためてしないのでその質問自体が新鮮だった訳ですが、
確かに付き合っていた頃や結婚当初はそんな話も何度かしたねと答えました。
 
で、思い出したついでに、我々夫婦は浮気についてどのように定義しているかを、今回は書いてみたいと思います。
 
先に断っておくのですが、私たち(と言うか私)はお互いの異性付き合いについてかなり独特な考え方を持っていると思います。
参考にはならないかもしれませんが、そういう考え方もあるのかーくらいに思っていただければ幸いです。
 
 

どこからが浮気?〜夫の場合〜

基本的な考え方

妻(私)が相手の男に気があるか、やましい気持ちを抱くかどうかがポイント。
やましくなければOK、やましければNG。
 

具体例

○異性と2人きりで会う

○元彼を含む複数人の友人と会う

○元彼と2人きりで会う

○異性と手をつなぐ

○異性とキス(外国人の友人などに限る)

×セックス

 

さすがに体の関係を持ってしまうのはダメだそうですが、私にやましい気持ちがない限りにおいては、基本大体の事はOKだそうです。

私ではなく相手の男性側に下心があるという場合もあると思うのですが、それについては特に気にしないそう。

「会ってきてもいいけど、相手に勘違いさせないように」という釘を刺されたことはありますが、私にその気がない限りは過ちは犯さないだろうという信用がある...のかと思います。どうだろう。

 

どこからが浮気?〜妻の場合〜

基本的な考え方

妻(私)のことが一番である限り、誰と何をしてもいい。ただし完全に隠しきること。

具体例

○異性と2人きりで会う

○キス

○セックス

 
浮気を咎める気持ちというのが私にはいまいち分かりません。
「結婚したら他の女に会う必要はない」というのが理解できなくて、
「あなたには家族がいるんだから他の人と会う必要ないでしょ。平日はまっすぐ家に帰って、休日は一日中家族と過ごすべきで、友達も趣味も要らないよね」
と言うのと同じくらい極端で横暴な意見に思えるのです。
もちろん優先度というのはあって、家族をほったらかしにして連日よその女性と会ってたりしたら黙っていられないですが、
それは例えば「家でテレビばっかり見てる」とか「休日のたびに友人と遊びに出かけてしまう」とか、そういう行為と同列であって、
「家族や私をないがしろにすること」に怒るのであり、「他の女と会うこと」を怒るのではないのです。
 
という訳で、浮気が浮気で終わるのであれば(相手を本気にさせたり、自分が本気にならないのであれば)どうぞ趣味の一環としてやってください、ただし本業(仕事や家族)はおろそかにしないでね、というスタンスです。
 
あとは一応大人のマナーとして妻には隠れてやってほしい。
私のことを一番愛していて、私以外に大切な女性はいないんですよ、というスタンスは見せておいてほしいというのが、妻としてのワガママです。
 
更に蛇足ですが、「もし夫が浮気していたら...」と考えるとなぜかすごく萌えます(笑)。
私を愛してるよと言いながら、子供たちを可愛がりながら、実はこっそり他に女の子がいて時々彼女と会って甘い時間を過ごしている...なんていう想像をすると、自分の知らない夫の一面を覗き見るみたいでドキドキするという。
なんかセクシーだと思いませんか?まぁ、まず人には同意を得られないと思いますが...。
(ちなみにこれは男性の寝取られ趣味とは全く異なるものだと思います。この辺りの話は長くなりそうなので割愛)
 

とは言え、我々は夫婦ですので

まぁ、そうは言っても我々は日本の法制度に則って結婚していますので、実際にはそんな事例も(多分)発生せずに平凡に夫婦生活を送っております。

あともちろん、私の夫は異性付き合いに寛容とは言っても、別に浮気してもいいと言ってる訳ではないので、現実に私が浮気をしたとしたら大問題になりますし。

 

という訳で、「浮気なんか論外!絶対許さない!」という男女が大半を占める日本社会で、その感情って根源的には一体何なんだろうな、というのを今日もぼんやり疑問に思いながら生きております。

 

それではまた。

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ。

eightdays.hatenablog.com

eightdays.hatenablog.com

eightdays.hatenablog.com