読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eight Days A Week - 働く母は週8日営業

元DeNAwebディレクター、現在北陸で夫と共にビジネスを営む32歳ワーキングマザー。マメ(息子・3歳)、アズキ(娘・1歳)、フットワークの軽すぎる夫との4人暮らし。

西松屋のバギーfanネオは最強のセカンドバギーかも知れない(ベビーザらスアンブレラストローラーもついでにレビュー)

育児

こんにちは、ミユキ(名字)です。

 
子どもが産まれる前は、ベビーカー3台持ちなんて話を聞いて
「は?もったいない。そんなもん1台で十分やろ」(関西弁)
と思っていた私ですが、2人の子どもを持つ身となってしみじみ思います。
ベビーカーってやっぱり最低2台は必要だわ!
 
夫は「ひとつあれば十分じゃん」と言いますが、それは多分あなたの方が力持ちだからだわ。
それに女の人はベビーカーをいかに快適に使いこなすかということにこだわりを注ぎ込む生き物のようです。
男が車のカスタマイズに夢中になるのに似ているかも。
 
子どもの年齢はもちろんのこと、お出かけの距離や時間、交通手段、出先の環境などに合わせると、どうしても2台は欲しくなります。
そして大抵1台目はわりとカチッとしたオールマイティ型なベビーカーを買うので、もう少し小回りの効くのもあればいいなぁ、と2台目に目が向くのがバギーです。
 
「バギーと言えばマクラーレン」みたいな風潮ありますが、我が家ではそのお値段を見て早々に検討外となりました。
そして、セカンドバギー不要論を唱える夫に、
「安いから買ってもいいでしょ?」
と堂々と言えるという理由で購入したのが、西松屋の「バギーfanネオ」です。
 
 
3,499円という驚異的な価格のため品質が心配でしたが、
結局これまで色々乗せてみた中でもかなり安定性の高い、よくできた商品だと思います。
 
f:id:eightdays:20150606125615j:image
 
この西松屋バギーの最大のポイントは、3.9kgと超軽量なのに、驚くほどしっかりしているところです。
フレームがガチッとしていて堅牢なのもさることながら、何よりタイヤが素晴らしいのです。
 
f:id:eightdays:20150606130209j:image
安いベビーカーやバギーはだいたいタイヤがチャチで、
段差につまずいたり、溝にハマったり、悪路を走るとガタガタ揺れたり、このタイヤいつか壊れるんじゃないの?と不安にさせられるのですが、
このタイヤはきちんと溝があり、太さもあり、取り付けもしっかりしていて、走行時に不安を感じたことがありません。
 
使い込んだ我が家のタイヤをご覧ください。頼もしいです。
f:id:eightdays:20150606133911j:image
 
軽くてすいすい走るのがとにかく快適で、これを買ってから外出が気楽になったと言えるくらいです。
既に2年も乗りましたが、まだまだガタつきもなく快適走行です。
 
ちなみにこの西松屋オリジナルのバギーは、大手家電メーカーから引き入れた開発者が作ったものだそうです。
 
 
赤ちゃん用品店の社員ではなく家電メーカー出身者だからこそ、これだけ堅牢で、かつ極限まで機能をそぎ落としたシンプルなバギーが作れたんだろうなぁと思います。
 
 
 
しかし愛用のバギーfanネオも、対象年齢24ヶ月までということで、間もなく3歳を迎えるマメ(息子)はとっくにサイズオーバー…。
 
f:id:eightdays:20150606131912j:image
88cm15kgの身にはギッチギチ。
寝ると首カックンしてしまいます。
 
そこで新たに購入したのは、ベビーザらス限定ベーシックアンブレラストローラー
 
 
こちらも激安3,238円!しかも3歳までOKです。
 
f:id:eightdays:20150606132549j:image
西松屋バギーと並べてみると小さく感じますが、幌の位置が上下するので実際はほぼ同じくらいのサイズ感。
横幅があるのでマメもすんなり乗れるし、座面に角度が付いているので首カックンもしにくそうです。
 
この2台、比べると本当によく似ていて、どちらが後発かは分かりませんがよく競合を調査して作っているなという感じがします。
ただし比較した結果は圧倒的に西松屋に軍配が上がります。
フレーム剛性の高さ、タイヤの安定性、たたむ時の指はさみのしにくさ、タイヤロックのかけやすさ、ハンドルの高さなどは、西松屋の圧勝。
肩ベルトもあるので安全性も上です。
 
一方ベビーザらスの方は、幌が前後に動かせるので日除けしやすく、座面の傾斜が深いため大きな子でもゆったりもたれられる点がありがたいです。
ただその他はほとんどダメで、傾斜角度の深さゆえに少し荷物をかけるとすぐに倒れてしまう、ハンドルが細すぎて力が入らない、しかも細すぎるので荷物フックが取り付けられない、たたむ時に怪我しそうで怖いなどなど、とにかく使い勝手の悪さはピカイチです。
 
結論、2歳までは西松屋バギーfanネオ、大きくなっても歩きたがらないならベビーザらスベーシックアンブレラストローラーに買い替え、が良さそうです。
あ、あくまで予算に限りがある人の話ね…。
 
 
いやーしかし、とにかくマメ、歩かなくってね…。
もう3歳のかっこいいお兄ちゃんなんだから〜!と事あるごとにおだてていますが、歩く気はさらさらないようです。
困ったもんですが、妹にママを奪われ、単身赴任のパパにも会えないさみしさを必死に受け止めているマメを思うとあまり厳しくもできず、まぁ今は好きなだけ甘えてくださいという気持ちです。
 
さて、今夜は久我山のホタルを見に行きますよ!
バギーに乗って、楽しくお出かけしましょう。